忍者ブログ
京都シャボテンクラブの活動記録やホームページの更新情報などをアップしていきます。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第38回サボテン展の案内です。京都シャボテンクラブが開催するもので、京都府立植物園と共催して毎年開いているものです。(^^) 以下、概要を。


期間:平成23年5月20日(金)から5月22日(日)まで

時間:午前9時から午後6時30分まで(最終日は午後5時15分まで)

会場:京都府立植物園 植物園会館内の展示室

展示テーマ:ハオルチア属

出品範囲:テーマに関わらず、サボテンと多肉植物の全品種

園芸相談:期間中、クラブ員数名が担当

苗の販売:ジャンルにとらわれず、各種の良苗を販売
(今回から若干数ながら資材販売も行います)

入場料:無料(植物園への入園料は必要です)


今年も作り込まれた沢山の株たちが展示される予定なので、今から楽しみですね。私もクラブ員の一人として手伝いをする予定です。

なお、最終日22日の講習会ですが、昨年に引き続きトミーの愛称で知られる園芸研究家の富山昌克さんを講師にお迎えします。(^^)

TVの園芸番組や各種講演などで人気の先生で、分かりやすくかつ面白く、人を惹きつける魅力だけでなく、植物の専門知識も豊富で園芸の楽しさを皆さんにお伝えできることと思います。


講習日時:5月22日(日)午後1時30分から2時間程度を予定

講習テーマ:「続トミーのサボテン・多肉植物講座」

講師:富山昌克氏(愛称「トミー」)

講習会場:植物園会館2階 研修室

参加費:無料(植物園への入園料は必要です)


受付は午後1時から。参加して頂いた方には、おみやげを用意しています。サボテン、または多肉植物の小苗を予定。

席の数には限りがありますので、ゆっくり座って聞きたい方は早めに受け付け願います。m(_ _)m

前回はサボテンや多肉植物に特化した内容が少なく、どちらかと言えば植物全般のお話になりましたので、今回は少し趣味家向けの内容も入れたいとの事なので楽しみです。

なお、品種別のマニアックな質問があれば展示会場にいるクラブ員に声を掛けて下さい。皆、それぞれ得意分野が違いますけど内容に応じた人が対応してくれますので。

ではでは、沢山のご参加をお待ちしています。(^_^)/
(T君)


京都府立植物園
http://www.pref.kyoto.jp/plant/

富山昌克 公式ホームページ
http://www.tommy78stella.com/


albuca_110508_01.jpg
PR
ようやく春らしくなり、桜も見ごろを迎えています。サボテンも春咲きのものは花盛りを迎えていて、どれも賑やかですね。栽培している株数が多い人は大変かと思いますが、それぞれの株の表情をうまく捉えて写真に残していきたいものです。

さて4月の例会ですが16日(土)に開催されます。六孫王会館にて18時から21時の予定。テーマは「サボテン談義/接木他」。自根では生育が遅く栽培が難しい品種や、葉緑素が少なく光合成が自らできない株などが接ぎ木として楽しまれています。

品評会のテーマは「ハオルチア」。多肉植物の中では生育も早く、育てやすい割に品種が豊富でコレクター心をくすぐるのか、ファンが多いですね。交配も比較的容易で、自分好みの株を目指す楽しみもあるようです。作り込めば立派な株になるところも魅力の一つでしょうか。

良品交換会(競り)もありますので気軽に参加して下さい。また、4月12日(火)から17日(日)まで宇治市植物公園にてサボテン展が開催されます。様々な株が展示されますし、即売コーナーもありますので是非、足を運んで欲しいですね。

あと、お知らせですが5月20日(金)から22日(日)まで京都府立植物園で開催されるサボテン展はテーマが「ハオルチア属」と決まりました。また、最終日の22日(日)に実施される講習会は昨年に引き続き園芸研究家のトミーこと富山昌克さんを講師としてお迎えします。こちらも楽しみですね。


mammillaria_schiedeana_110410_01.jpg
まず最初に、今回の東北関東大震災において被災された方々にお見舞い申し上げると共に、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。m(_ _)m 未曾有の地震、津波による様々な情報が関西にも入っていますけど、どれも想像を絶するものばかりです。

被災地に向け私たちにできることを少しずつでも、微力でも積み重ねていけば大きな力となるはずです。あと、関西を含む西日本の人たちは被災地に向け様々なバックアップをするとともに、普段の生活を維持することも大切です。自粛ムードが漂っていますけど、日本の経済を止めるのは逆効果だと思います。

日本赤十字社

東北関東大震災義援金を受け付けます


さて、3月の例会ですが19日(土)に開催されます。六孫王会館にて18時から21時の予定。テーマは「サボテン競作苗談義」。同時期に配布されたサボテンをそれぞれの環境で栽培し、生長具合を比較して何が主な要因だったのか、大きく育てた人の意見などを伺います。

品評会のテーマは「競作サボテン」。年数の浅いものはそこそこの大きさですが、古いものになると目を見張るような株へと生長しています。クラブの歴史も感じられるので、栽培のコツなども聞きながら参考にしたいですね。

良品交換会(競り)もありますので気軽に参加して下さい。画像はクラッスラ属の月光の花。1つ1つは小さな花ですが、沢山の花を付けた花茎が塔状に伸びて長く楽しめます。早めにカットすると株もとから出てくる脇芽の数が増えるので、いつまで楽しむか駆け引きが求められますね。
(T君)


crassula_barbata_110313_01.jpg
昨年の夏が過去に例が無いほどの猛暑でしたが、その反動からか冬の寒さが厳しくて雪の降り方も日本海側の山間部では記録的となっているようです。人にとっても過ごしにくくなっているのに、自生地とは違う環境で栽培されている植物たちは適応するのに大変な努力を要しているかも。

さて、2月の例会ですが19日(土)に開催されます。六孫王会館にて18時から21時の予定。テーマは「春の植え替え」。温室で栽培されている方だともう植え替えを始めているかも知れませんね。個人的には球体が大きくてトゲの強い株をどうやって植え替えているのか興味深いところ。

品評会のテーマは「マミラリア」。サボテンの中では比較的寒さに強いので、動き始めるのも早くて温室なら花も早春から見られますね。しっかりした温室を持っていない人でも育てられると言う点では、幅広い層に受け入れられそうです。小型の品種が多いのも、置く場所が無い人にとっては嬉しかったり。

良品交換会(競り)もありますので気軽に参加して下さい。画像の株はマミラリアの影清。3月の例会で競作苗として配布されたもの。大きくなっているのか、いないのか。トゲが意外と鋭くて短く硬いため、刺さると結構痛いです。綿毛に隠れて見えにくい部分も油断できません。(^_^;)
(T君)


mammillaria_sempervivi_var_caput_medusae_110123_02.jpg
明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。m(_ _)m いつになく寒い年末年始となってしまいましたが、お手元の植物たちは大丈夫でしょうか。植物より栽培している人のほうが、ダメージを受けているかも知れませんが風邪など引かないよう、お気を付け下さい。

さて、クラブの活動として年間の予定は1月9日(日)に予定している役員会ではっきりします。確定次第、計画をアップしますので今暫くお待ち下さい。役員で声が掛かっている方はスケジュール調整のほう、宜しくお願いします。ちなみに役員会は一年間の慰労と、今後の役員選定、計画を話し合うものです。

新年最初の例会は1月30日(日)13時から17時の予定。場所はいつもの例会と同様、六孫王会館ですが部屋が3階となりますのでお間違い無きようお願いします。あと、当日会費が1000円となります。他の月は300円なのですが、福引きや飲み物、菓子類に加え会場が少し高めの賃料となっていますのであしからずご容赦下さい。

総会は「平成22年度 行事、会計報告及び会計監査報告」、「平成23年度 会長選出」、「平成23年度 行事予定、予算案の討議」となっています。続いて例会に入り「品評会(大きさ品種全て自由)」、「福引き(盛大に行います)」、「優品交換会(クラブで準備している良苗、推奨苗)」と続きます。なお、優品交換会は荒張園芸さん協賛で多数大物が出る予定。

年会費(4000円)も受け付けていますので、クラブ員は忘れず手続きを済ませて下さい。今年も始まりましたので、色々な株に出会うと共に趣味家さんやクラブ、同好会の方々と交流できるよう願っています。(^^)
(T君)


2011_start.jpg
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ   [PR]